9/22/2021

22. Septembre



mRNAワクチンを打つと遺伝子組み替え人間になってしまうかも?

という一般人の心配は「センモンカ」に早々に冷笑的に否定されて、あのワクチンは世界中で打たれまくった。
しかし素人の予感が当たるかもしれないこともあるわけで、ここにきてRNAの逆転写が本当である可能性が出てきたようだ。

ヒトRNA逆転写酵素シータ 
https://youtu.be/mgJRvptJqSU

RNAの逆転写が起こると一時的な傭兵のはずだった、スパイク・プロテインその他公開されていない何かがずっと体に居座ってしまうかもしれない。

「そんなことあるわけない」
そう断定したその時点で、その人物は科学を捨てて政治と商売の下僕に成り下がっていると疑われても仕方がない。

聞いたところではフランスなんかではワクチン10回分のスタンプ帖があるらしい。
ワクチン接種を終えたひとも「まだ」1回2回なのでこれ以上は打たない方がいいんじゃないかな?


9/15/2021

「ダーラナのひ」

 


11月にできる絵本(偕成社:刊)で、いまは色校正をしているところ。
この「ダーラナのひ」は焚き火の絵本。

焚き火という主題に導かれ、心に去来する物語を書きとめながら、自分がほんとうに願っていたことがらに触れたと思った。その願いのコレクションは、もし誰かほかのひとなら、きっと笑ってしまうくらいに地味なものの集合体で、でもそれは確かに自分にとってなくてはならないものという手触りであったのだ。そういうものを可能な限り絵本に書(描)きたいと思った。

さて、ダーラナの焚き火のことを、絵を描きながら追体験しただけでも、涙目になるようなあの煙たい灰にさらされ、頬が火照ってくるような気がしたものだ。(取材で焚き火をしたのだが、その後数日、煙の匂いが頭髪から抜けなかった。あれは良かった)

火が勢いづいて炎となり、日常ではあまり聴くことのない、あの炭素のはじけるすてきなノイズの音楽が去っていくと、その後に静かな火との対話の満ち足りた時間が訪れる。
ここがどこであってもどうでも良くなってしまうような、そのなつかしさをわたしは他に知らない。自分が決して知らないはずの、祖先の辿ったであろう旅路に立っているような錯覚。

もしかしたら、あなたやわたしはずっと旅をしていて、いま現在のここもまたいっときの野営地に過ぎないのであり、旅の道は果てしなく遠くに続いているのではないだろうか。

なんて、心が遠くに行ってしまいそうなのでこのへんで。
まだできていない絵本なのに、あれこれ書いてしまった。
11月に本屋さんで見かけたとき手に取っていただけたら嬉しい。