7/14/2021

14.Juillet











挿絵の作業が続く…のでちょっと寄り道。
バターみたいに塗るだけでどうしてこんなに面白いのか。
明日が楽しみだ。

というわけで明日の自分に伝言で、

1)左の山の形がいまいち
2)地面に雲影を試すこと
3)空をさらに白くすること
4)絵には描かないが、海岸までの距離を明確にすること(吹いている風の質)

7/12/2021

12.Juillet

 


La façade ouest (west front)

7/11/2021

"At NIGHT" expo vol.2

 



7月13日(火)~7月31日(土)
Calo Bookshop and Cafe

※7/18(日)・23(金)~26(月)は休
※7/19(月)は19時まで臨時営業 最終日は17時まで。

13日から、この春に制作したアートブック"At NIGHT"の原画展が大阪のCaloに。
"At NIGHT"の原画とブックのページとを見比べていただく展示。
その原画としての絵は5月のmanomanoでの展示のときにありがたくも何点かが売れてしまったので、その連作として4点ほど新たな絵を描いてみた。(それを口実にまた"At NIGHT"の世界を歩きたかっただけかも)

しかし、今展の主役はなんといってもアートブック。
端正な手作業による美しい仕上がりの本"At NIGHT"を、ぜひ手に取っていただきたい。


なお本展と直接関係はないが、会期中の23 24日にCaloでわたしも過去にたいへんお世話になった製本家の都筑晶絵さんの製本WSが行われるようだ。
世界各地の現場で製本の仕事をされている都筑さんの教室だ。とても得難い時間になると思う。
こちらもぜひどうぞ。

協力:studio manomano

7/09/2021

雨花のけもの


演劇のフライヤーの絵を描かせていただいた。

少しだけ台本を読ませてもらったけれど、すごく引き込まれた。
8月の本番はどんな舞台になるのだろう?
「さいたまネクスト・シアター」の最終公演。

「雨花のけもの」

会場 彩の国さいたま芸術劇場 小ホール
作: 細川洋平  演出: 岩松 了
出演: さいたまネクスト・シアター


7/06/2021

6.Juillet

 

Williamsburgの絵の具は一度使ってしまうと最後、この絵の具でないと、というフェイバリットがいくつか出来てしまい、切らしてしまったら悲しい…と思いきや、机や引き出しには他にもあれこれ百花繚乱のメーカーのチューブが散らばってあるのであって、そんな些事も忘れて描き続けるのだけど、ふとした時にやっぱりあの色のチューブがあったらなあ、と絵を描いてる最中でなく電車の中や食事中に思うこともあったりで…。
色にこだわりのない自分にもほんの少しだけならあるのかと。
久しぶりにBlickArtで注文してみた。
色によってはすごい値段のもあるけどわたしが必要なのは安価なほうの色だ。
Williamsburgはアメリカの絵の具メーカー(golden社)で日本には入っておらず、どこかの画材店が置いてくれると嬉しいのだが。

6/22/2021

22.Juin




今が旬だ!
 

6/12/2021

12.juin


広島・本通りの「傘のフクマ」さんと一緒にオリジナルの傘を作っている。
先日試作品が届いたところ。
手に持ってみると予想外に軽い。しかしもちろんつくりはしっかり。
日傘としても使えるだろうが、撥水コーティングが施され、雨傘としてつくられている。

雨の日の外出に持ち歩くことのできるカラッとしたプライベート空間のような傘にしたくて、中庭をイメージした絵を描いた。
この傘に名前をつけてあげるとしたら、、

"Tiny Courtyard"

7月、8月には出来る?お店をのぞいてみてほしい。




6/07/2021

7.Juin



『見えないものを探す旅    旅と能と古典』

安田登:著
矢萩多聞:装丁
亜紀書房 刊 2021年6月2日


カバーの絵を描かせていただいた。
日常を表すモチーフを探すうち、草花はどうかと思いつき、摘んできた蓬を描いた。
絵を装丁家に送ると驚きのトリミングに。
気配に満ちた空間。これはかっこいい。



5/26/2021

26.Mai

いつもお世話になっている、広島の84(はちよん)での企画展 MAROBAYA展のお知らせ用にシャツの絵を描かせていただいた。こちら

あ、もう会期中だ…。ごめんなさい。

たのまれて、MAROBAYAのシャツの絵、いいねー、と言いながら描き始めたものも、なかなか感じが出なくて…そうだ、原寸で描かなければこのシャツの良さが出ないのだ、と気づき、大きなロール紙を取り出した。滅多に描かないとても大きな絵になった。84さんが会場で飾って下さっているかも?

服にそんなにこだわりのないわたしだが、MAROBAYAのシャツは、ほぼユニホーム並みの頻度で着ている。

一度着てみると気持ちがしゃんとするので、誰もがその良さを感じるだろう。


5/23/2021

23.Mai




というわけで、名古屋にて、新しい本に対面。

本になると、その本の内側だけの独特な時間が生まれる。
時間は感知することの集合体で、つまり空間だから、みえないけれど本当には何らかの場所であるかもしれない。
だからその「立ち止まり感」を自分で味わいたくて、小さな広場の絵や何でもない通りとか街角を描くのが好きで、この本にもそんな絵がぽつぽつと入ってる。

本になると全てのページが不思議な関連を持ち始めるので、その場所をイメージする力がより色濃くあらわれてくる。
でも、理屈でどうこう言っても、やっぱり完成するまで、誰にもわからない。
それがどんなところなのか。
旅と同じように、新しい本を開くときの、その時間=場所に迷い込む瞬間がたまらない。
この本はとてもいい。

装丁からプリントディレクションまで、大活躍の溝田尚子さんをはじめ、関わってくださった方々の経験と知識がこの一冊に入ってる。