2018年9月19日水曜日

Ronde et Pointue

ランテルナムジカのライブ会場のみで販売している作品集(ダウンロード式)に一曲追加。
ピアノとドローイングの4分間。
これで合計30分の映像作品になった。
ダウンロードコードを持っている人は差し替えてみてほしい。

2018年9月13日木曜日

Nyabo Sseboの1stアルバム

本日リリース。
Nyabo Sseboの1stアルバムの絵を描かせていただいた。
リーダーの黒川さんにまだ作りかけのCD-Rをいただいて以来ずっと聴いてる。
本当にいつまでも聴いていられるアルバム。
この黒川さんのルーツでもあるショーロやタンゴ(それもジュンバ!)とか、南米の音楽の香りがする。
でも何よりこれはトーキョー発のオリジナルの音楽だと思った。
なのでジャケットの絵はトーキョーの真ん中でバリバリ活躍しておられるデザイナーである飯田郁さんに自由に料理していただいた。

しばらくして絵の色はピンクとグリーン、オレンジ、モノクロームに振り分けられてデザインの案が届いた。盤面は黄色。
びっくりした。
とっても洒落た一品になったのでは?
そんなジャケットに包まれた、散歩をしていたらいつの間にか旅をしているような9曲。
本当に最高なのでぜひ聴いていただきたい。

















2018年9月12日水曜日

ランテルナムジカから



2018年9月7日金曜日

nakaban+植田真 live session(Kyoto)



nakaban+植田真 live session 

京都へ。いよいよ明日。
植田さんのギター、エレキだろうか、アコギだろうか。
どんな音楽なんだろう。絵はどんなのを描いてしまうのだろうか。
いつも何が起こるかわからない。
ライブの前と後では世界が変わって見える。
いつも楽しみ。

9月8日(土) 開場:17:00~ 
開演:18:00~19:30(*延長になる場合があります) 

【ご予約方法】
参加人数とお名前、代表者の電話番号をお知らせ下さい。
・nowakiにて
mail:nekononekata@gmail.com
tel:075-285-1595(11~19時のnowaki 営業時間内)

ライブ以外の時間はnowakiにいる予定。
絵本の「ぼくとたいようのふね」原画展がnowakiで。

2018年8月31日金曜日

「翼の王国」9月号

ANAの機内誌「翼の王国」の9月号。
特集内の「山形」で取材・執筆させていただいた。
テーマは「かてもの」。
博物館からお家の台所まで山形の保存食文化とその歴史を教わってまわった。
沿道の青々としたくるみの実がきれいだった。
美味しいものをたくさん食べた。
挿絵は全て現地制作で。

うっすらセピアがかったこの美しい写真は加藤新作さん。

ANAの飛行機に乗ったらぜひご一読を。

2018年8月25日土曜日

本日から!

nakaban 『ね』原画展

8/25(sat)~9/10(mon)open:11:00-19:00
close:期間中の火・水曜
nowaki (京都)
〒606-8386 京都市左京区川端通仁王門下ル新丸太町49-1

絵本「ぼくとたいようのふね」原画と構想中に描いていたオリジナルの絵、展示のための新作、木彫立体作品の船などを展示。



9月8日(土) には植田真さんを迎えてのライブが。
幻燈とギターによるライブで初秋のひとときの旅を。

開場:17:00~
開演:18:00~19:30(*延長になる場合があります)

会場:恵文社一乗寺店 COTTAGE
京都市左京区一乗寺払殿町10 恵文社一乗寺店南側
定員:50名
入場料:1500円(ご予約のうえ、当日精算)
要予約:8月1日より、nowakiの店頭もしくは、お電話かメールにて、
ご予約を承ります。参加人数とお名前、代表者の電話番号をお知らせ下さい。
mail:nekononekata@gmail.com
tel:075-285-1595(11~19時の営業時間内)

2018年8月19日日曜日

Les Bateaux



真夜中にちょっとずつ進めてきた造船プロジェクト。
削って削って削って、さっと塗る。
でも形が気になってまた削ってしまったり。

で、やっと出来てきた。
自分で言うのもなんだけどこれらの木の舟。とても可愛い。

もうすぐnowakiで絵本「ぼくとたいようのふね」の原画展がスタートするので、こちらに出品させていただく。