2018年5月21日月曜日

「もしも絵が言葉であるとしたら」


blackbirdbooks

『はじまりが見える 世界の神話』
阿部海太 原画展 5/8-5/27

『窓から見える世界の神話』
nakaban 原画展 5/29-6/17

阿部海太さんとトーク。

2018年5月20日日曜日

20.May

今日はREADAN DEATの「窓から見える世界の風」展示最終日。在廊予定。
それこそ窓から景色と風を見ながら絵を描いたりお客さまとお話したりする時間にしたい。いい天気だよ。

2018年5月16日水曜日

16.May

東京にいてあちこち打ち合わせ、仕事してるふりを。
合間に蕎麦を5分で食べたりDコーヒーで2時間読書などしながら。

辞書を持ち歩くのが好きで昔の漢字辞典や貿易用語辞典などを鞄に入れている。
今はフランス語の語源辞典dictionnaire étymologiqueを。
これはとても面白くて最低限の情報から却って文化、風習、地形が映像になって浮かび上がってくるかのよう。
言葉はすごい。そして辞典はとても重たい。

さて今日は風が強い。五月の風。
明日は広島 readandeatで風の本「窓から見える世界の風」のトークが。
風の本も辞典的な要素があり旅人さんに持ち歩いて欲しいと張り切って作った本。

5/17(木)トークイベント「風に想いを馳せてみる」

著者である気象学者・福島あずささんと画家・nakabanさん、この本を担当した編集者・内貴麻美さんをお招きしてトークイベントを行います。福島さんによる世界の風のお話に交えながらそれぞれの視点で本書の魅力に迫ります。

2018年5月14日月曜日

松本から

本・中川で展覧会「夜明けまでにはまだ時間がある」開催中。
6月3日まで。
salon & salonでのライブも楽しかった。
植田さんのギターと夕暮れ時の優しい光が相まって開け放った窓からは町の音も聞こえてきて。
久しぶりの人にもたくさん会えた。
湧き水もこんこんと湧いていてちょっと飲んでみたり。
松本はやっぱりいいところ。


2018年4月30日月曜日

広島、松本 & 東京。




ふと周りを見渡せばゴールデンウィークだった。
5月3日、広島、松本。二つの本屋さんで展覧会が始まる。


一つは広島READAN DEATでの「窓から見える世界の風」展
会期中にトークイベントあり。著者の福島先生、編集の内貴さんと。
3人で話すというこれは滅多にない機会。

「窓から見える世界の風」は絵が沢山あるので屋久島のGallery Tabiraと二カ所の同時展示ができてしまうことに。凄い。Gallery Tabiraは15日まで。

創元社よりご恵投頂いた「はじまりが見える世界の神話」(阿部海太絵)もとても素晴らしい作品だ。

5/3(木/祝)ー 5/20(日)
5/17(木)トークイベント「風に想いを馳せてみる」

著者である気象学者・福島あずささんと画家・nakabanさん、この本を担当した編集者・内貴麻美さんをお招きしてトークイベントを行います。福島さんによる世界の風のお話に交えながらそれぞれの視点で本書の魅力に迫ります。

ご予約

もう一つは松本 本・中川での「夜明けまでにはまだ時間がある」展 植田さんと。
いつか行ってみたかった本・中川でこの展示ができる幸運を噛みしめている。

nakaban/makoto ueda 夜明けまでにはまだ時間がある
5/3(木)ー 6/3(日) 
5/12(土)には salon as salonで植田さんのギターとライブ。
植田さんと約一年ぶりでとても楽しみ。
salon as salonでのライブは2011年以来。
ご予約 → info@honnakagawa.com




そして。
同じ3日はランテルナムジカとして東京 Vacantでライブが。
10年目を迎えたランテルナムジカ、今年は大いに活動するのでよろしく。

The lantern man’s song
”lanternamuzica” in TOKYO

ご予約
個人的にこんなに日程が重なることはあまりないので5月3日を通り過ぎた後は世界が違って見えそう。
みなさん佳きGWを。


2018年4月25日水曜日

Mistletoe



夜の散歩道
やどりぎが ぽんぽんと林を彩って
それ自体が灯りのように 道を照らす
金枝に覆われたランプ
ナイトバードたちが 実をついばみ
その種子を どこかに運ぶ
次にやどりぎが育つのは どの枝だろう


久しぶりにswimmieのハンカチをデザインさせていただいた。
「やどりぎ」を意味するMistletoe。
65センチの大判 (!)。
綿100%。

光に透かすととてもきれいだ。
まだ発売前かな?
発売されました。swimmie 店頭にて。


追記

5月3日、東京Vacantでのランテルナムジカ公演でも発売とのこと。
ぜひ。





2018年4月21日土曜日

Atsuko Hatano Cells #2

音楽家波多野敦子さんの新作。

彼女が長いあいだ暖めていた作品群のリリースがいよいよ始まる。

凛々しい、けれど包み込まれるこの感覚は出会ったころの昔から一貫した彼女の音楽ならではのもの。
絵を描きながら聴いているけどもう、とても良い。

長めの三曲のCDなのだが三枚の奥深い絵画を眺めているような感覚になるからだ。

このような作品が未来に残っていくんだろうなと思う。