2019年1月9日水曜日

nakaban × Title exhibition「ことばの生まれる景色 完結編」





東京・荻窪の書店 TItle で展覧会「ことばの生まれる景色」完結編が始まる。

ナナロク社から刊行された本を記念する展示。
やっとここまで来れた。
高い山に登ったような、うれしい気持ち。

過去三回のTitleでの「ことばの生まれる景色」で観ていただいた作品はもちろん、書籍用の描き下ろしであったため、今回初展示の作品もあわせて辻山さんのテクストとともに。
描き下ろし作品は大判のものもあり、見応えがあると思う。

また同書で紹介された本も並ぶそうなので、今年の読書のスタートをここから始めるのはどうだろうか?ナナロク社と書店のコラボレーションした栞も置かれ、この栞には会場で完成させるある仕掛けが施されている。

24日にはトーク「絵と文で本を旅する四十景」も開催していただく。これがとても楽しみ。

nakaban × Title exhibition「ことばの生まれる景色 完結編」
会場:Title  
2019年1月10日(木)ー 2019年1月29日(火)
12:00~21:00 水曜、第三火曜日定休日 
*イベント開催日(1月21日・24日・29日)は18時にて終了
Titleに24日、25日、おります。




そして、この「ことばの生まれる景色 」の展覧会を同時に熊本の「橙書店」でも。

遡ること2013年に橙書店で展示した「旅するブックシェルフ」という展覧会があって、今にして思えば、それはこの本のできる元になっている展覧会。
なので再び橙書店でこうして展示ができることが嬉しい。田尻さんありがとう。

2019年 1/12(土)〜2/3(日)
会場:橙書店 
月~土曜日 11:30~20:00 日曜日 11:30~17:00
熊本市中央区練兵町54 松田ビル2階

ぼくも橙書店にお邪魔します。
*1/19(土)15時〜閉店時間まで 1/20(日) open~閉店時間まで

nakaban

2019年1月8日火曜日

CF

トウヤマタケオさんと柴田元幸さん(と J・ロバート・レノンさん)のアルバムのコマーシャル・フィルムを作らせていただいた。

J. Robert Lennonの小説を柴田さんが朗読、トウヤマタケオが音を添える。
洒脱にして真に贅沢な作品であり、とても楽しみなもの。

なお、撮影カメラはロストテクノロジー・sonyのHi8・3CCD(重い)、そして映像アスペクト比はがんこ一徹「4:3」に限ると考えている次第である。

それではご覧ください。

柴田元幸×トウヤマタケオ/ J・ロバート・レノン『たそがれ』。

(attention: 音が出ます)

レーベル:ignition gallery
カタログ番号:ign-002
収録曲数:9曲
パッケージ:ジュエルケース/32Pブックレット付き
小説:J・ロバート・レノン/柴田元幸 訳
ライナーノーツ:柴田元幸
ドローイング:nakaban
デザイン:横山雄
録音/ミックス/マスタリング:甲田徹
定価:2,200円+税

曲目
1. coda
2. 道順
3. 軍服
4. Sofia
5. 紅茶
6. クーポン
7. たそがれ
8. 短さ
9. 追伸
小説
1. 道順
2. 軍服
3. 紅茶
4. クーポン
5. たそがれ
6. 短さ

2019年1月6日日曜日

La neige est arrivée.. .



雪の落ちてくる空は暗い灰色で、子どもの頃はその量感を持った暗さに心ひかれていた。
見上げた目にもときおり雪が入る。
痛くて冷たくて気持ちいい。
天上の昏みと地上の暗みが呼応して、どこか中空できしり、きしり、と音をたてている。
とても小さな音。